• スタッフブログ 先生やオーナーが教室の出来事をお知らせ!
  • よくある質問
  • 採用情報
  • 会社概要


  • ちょうふどっとこむ
  • 調布FM
ドリームヴォイスが企画・制作するラジオ番組  ドリームヴォイスコミュニティラジオステーション 「ドリラジ!」
過去の放送内容 2012年 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2013年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2014年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2015年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2016年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2017年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2018年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】

  ★DREAM SIDE ~ユメノカナエカタ~★

【ゲスト】河野心希さん
(アカペラグループメンバー・デザイナー)
 
さて、ドリームサイドは、アカペラグループ「無糖ブラック(ホワイト)」のメンバー、河野さんが登場。
大学生の時にあのフジテレビ「ハモネプ2015」で決勝まで進出したグループです。
卒業してからも活動を続けており、今年6月には約800人動員のワンマンライブを行いました。
河野さん自身はグループでCDジャケットを始めとしたアートワーク全般を担当しており、
将来地元の宮崎に関わりたいという夢があり、勤めていたITベンチャー企業を退職し、
現在はフリーのデザイナーとしても活躍中です。
前編の今回は、グループ結成からハモネプでの活躍での反響、
目指す音楽などを語っていただきました!
番組内ではモチロン、無糖ブラック(ホワイト)の音源が流れますよー!

   
★VOICE SIDE★
「世の男性たちよ!だまされるな!あざとい女性芸能人を語ろう!」

【ゲスト】渕上参保さん
     伊沢友貴さん


 
後半は、男性人気の高い女性芸能人の「あざとさ」について語るという新企画!
ふちだが好きな女性芸能人を何人かセレクト!
(という時点でもう、ふちだはあざとい芸能人が好きなわけですが)
前田警察署長率いる3人の警部が、その女性芸能人のあざとさを許せるか否かを語ります!
ディレクターの牧野さんがみゆちゃんの毒舌にびっくりしていました(笑)神回!



  ★DREAM SIDE ~ユメノカナエカタ~★

【ゲスト】河野心希さん
(アカペラグループメンバー・デザイナー)
 
さて、後半は恒例の「ぶっちゃけクエスチョン5」!
5つの質問に、河野さんに正直に答えてもらいました。
「モテモテなメンバーは?」「ハモネプにでて正直、天狗になったメンバーは?」
「生まれ変わってもまたこいつらとグループを組みたい?」など、
ファンだけでなく、メンバーもひっくりかえるような発言もあり(笑)
将来は自分のラジオ番組をやるのが夢という河野さん、
トークも達者でバラエティ耐性も高かったです(笑)
そしてこの日も、モチロン、無糖ブラックの曲がかかりますよー!

   
★VOICE SIDE★
「●●といえば●●!」

【ゲスト】渕上参保さん
     伊沢友貴さん


 
今月は女性3人とふちだでお送りするヴォイスサイドのもう1本は、
「●●と言えば●●!」先月も、かこちゃん回でお送りした企画です。
例えば、「美味しい鍋といえば?」「好きな寿司ネタといえば?」というお題に対して、
せーので4人で解答。その答えへのこだわりを話すという企画です。
けっこう答えがかぶるかと思いきや、4人4様だわ、
誰かがこだわりを話し出すと、だんだん共感していく人はいるわで、
これ、みゆちゃんに言わせると女子の会話あるあるだそうです…。


過去の放送内容 2012年 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2013年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2014年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2015年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2016年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2017年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2018年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】