• スタッフブログ 先生やオーナーが教室の出来事をお知らせ!
  • よくある質問
  • 採用情報
  • 会社概要


  • ちょうふどっとこむ
  • 調布FM
ドリームヴォイスが企画・制作するラジオ番組  ドリームヴォイスコミュニティラジオステーション 「ドリラジ!」
過去の放送内容 2012年 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2013年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2014年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2015年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2016年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2017年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2018年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2019年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】

  ★ドリラジ!7周年記念!
 DREAM-SIDE 夢のかなえ方スペシャル!!~前編~

◆7周年スペシャルゲスト
 浅岡雄也さん(シンガーソングライター)

 
この番組、ドリラジ!もついに7周年!ということで
SPゲストは、シンガーソングライターの浅岡雄也さんに来ていただけました!

1995年にFIELD OF VIEW のボーカルとしてデビュー。
CMソングとして使用された「突然 」は123万枚のミリオンヒット。
以降、ドラゴンボールGT主題歌「Dan Dan心魅かれてく」
ANAキャンペーンソング「ドキッ」などヒットを連発。
バンド解散後はソロとして活動。
ソロデビューシングル『Life goes on』は特撮テレビドラマ
『超星神グランセイザー)』オープニングテーマで、
作詞は浅岡さん、作曲は別名義での織田哲郎さんでした。
ボーカリストとしての実力は業界でも折り紙つきで、
数々の名曲カバー番組にも出演し共演者たちをうるうるさせています。
今年1月25日の誕生日に新譜、「君の翼で」もリリース!
前篇のこの回は音楽のルーツから、学生時代、
いろんなバイトで過ごしたデビューまでの秘話、
ソロデビュー曲にまつわるびっくりのエピソード、
ミリオンヒットの裏側などをかなりの早足で語っていただきました(笑)
ラジオDJとしても活躍されているのでトークはマシンガンです。

★浅岡雄也さんのLIVE情報はこちら!
 5月15日(水) 東京・新宿 ReNY
 ※詳しくは
  http://www.fanclub.co.jp/u_asaoka/?id=8



  ★ドリラジ!7周年記念!
DREAM-SIDE 夢のかなえ方スペシャル!!~後編~

◆7周年スペシャルゲスト
 浅岡雄也さん(シンガーソングライター)

 
さて、後編は浅岡さんのプライベートにずかずかと乗りこんでいく
「ぶっちゃけクエスチョン5!」

Q1「ぶっちゃけ、自分はむかしからめっちゃモテてた?」
Q2「ぶっちゃけ、かねてより憧れの芸能人がいる?」
Q3「ぶっちゃけ人にはあまり言ってないマニアックな趣味がある?」
Q4「ぶっちゃけ、バンドとソロならソロの方がいい?」
Q5「ぶっちゃけ、人生が2度あればやってみたい仕事(夢)がある?」
浅岡さん、実は地元が調布だそうで、西調布のとんかつ屋さんが
実家だそうです。みなさまぜひ、食べにいきましょう。
特に、Q3&Q5では音楽のお話よりも??130%くらいのアツさで
こだわりの趣味!?をかなりの脱線モードで語っていただきました!
ファンの方は必聴の回だと思います!

★浅岡雄也さんのLIVE情報はこちら!
 5月15日(水) 東京・新宿 ReNY
 ※詳しくは
  http://www.fanclub.co.jp/u_asaoka/?id=8


過去の放送内容 2012年 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2013年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2014年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2015年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2016年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2017年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2018年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2019年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】